自由設計の注文住宅について!

注文住宅のメリットを知っておこう

一戸建て住宅に住むには、すでに建ててある住宅を購入する方法と、自分で土地を購入して、自由設計で注文住宅を建てる方法がありますね。どちらがいいかはその人の価値観や場所、お金の問題で左右されるでしょうが、自由設計の注文住宅を建築する場合にはそのメリットと問題点も知っておく必要がありますね。 自由設計の魅力は何と言っても自分で好みの土地を購入して、その上に自分でデザインした住宅を建築することができることです。おそらく多くの人にとって住宅を建築するのは一生に一回の可能性が高いと思いますが、それならなおさら自分の理想に近づけるような設計をすることができる注文住宅を選ぶべきでしょう。自分好みに設計した住宅に住むことができれば、かなりの満足感を得ることができます。また、ほかにはないカタチや内装の家ですので、建物そのものに希少価値があるのです。金銭面については、注文住宅は分譲住宅よりも費用が高くなると思われがちですが、最近はシンプルモダン住宅と言ってそれほどお金をかけずに建築する注文住宅が人気を集めています。

注文住宅の問題点も知っておこう

一方で、注文住宅にはいくつかの問題点があることも知っておく必要があります。注文住宅を手掛ける工務店などのホームページを見ても自由設計であることのメリットはたくさん書かれていますが、問題点についてはあまり触れようとしませんね。ですが、そこに住む人にとっては問題点も享受しなければならないという現実があります。良いことばかりを聞いていたけど実際に住んでみて、あるいは実際に建ててみて意外と不便だったことや、失敗などもたくさんあるはずです。 一般的に注文住宅の問題点と言われるものは金銭的なことが多いようですね。例えば、注文住宅を建てて、希望通りの間取りや設備にしたら、1000万円以上予算をオーバーしてしまった場合などです。また、モデルルームと同じように設計したらかなり予算オーバーしたという例もあります。金銭面以外での問題点は、理想通りの間取りのつもりが、実際に建ててみると普通の分譲住宅の間取りと対して変わらなかったなどという点ですね。ですが、これらの問題点は事前に勉強をすることで避けることができるのもの多いので、数カ月でも注文住宅について勉強してみるのもいいでしょうね。