注文住宅はどの施工業者を選ぶべきか?

ハウスメーカーがいいか工務店がいいか

自己所有の一戸建て住宅に住みたいと考えた場合、大きく分けて二種類の住宅がありますね。ひとつが建売住宅で、もう一つが注文住宅ですね。せっかく高い家にお金を使うのであれば、注文住宅という選択も悪くはありませんね。もし注文住宅を建てたい場合は、建売住宅よりな費用があ高くなってしまうことは覚悟が必要なところです。 では、どこにお願いをして注文住宅を建ててもらいますか?自分で家を建てるという人もいますが、それはごく少数派です。普通はハウスメーカーか工務店に建ててもらいます。では、ハウスメーカーと工務店は何が違うのでしょうか。一般的にハウスメーカーの方が規模が大きく、テレビコマーシャルや新聞広告に大きな広告を出しているのはだいたいハウスメーカーなんですね。これは裏を返せばそれだけ倒産する可能性も低く、信用できるということです。もし、より信頼できる会社に自分の家を建ててもらいたい場合はハウスメーカーが良いでしょうね。

それぞれの問題点も知っておこう

一方、ハウスメーカーにも問題点があることも知っておきましょう。ハウスメーカーは規模が大きいため、あらゆる職人とのパイプを持っています。実際に家を建てる時は、そのハウスメーカーの社員が来て建築作業をすることはほとんどないんですね。実際に現場に入り作業をするのはハウスメーカーの下請け業種なわけです。するとどのような問題が起こるかと言えば、下請けに出した分中間マージンが発生してしまうということなんです。つまり、建築を依頼した側としては余分にお金を払わなくならなければならなくなってしまうわけですね。 これに対して、工務店は実に様々な種類がありますが、割と地元密着型のところが多いようですね。工務店の特徴は、下請けに出すところもありますが、直接工務店が現場に赴いて仕事をすることも多いのです。でもその反面、工務店は自分たちが得意としている分野とそうでない分野があるので自分達が求めている建物の建築を得意としている工務店を選ぶべきですね。